2011年11月01日

輝けやまがた若者大賞 受賞しました

私こと高木孝治は、この度「輝けやまがた若者大賞」を受賞する事になりました。

一体それがどういった賞なのかと申しますと、

(山形新聞 6月13日より抜粋)

************************************************

県は13日、地域活性化に寄与した若者の功績、成果を顕彰する「輝けやまがた若者大賞」を創設すると発表した。多くの若者を元気づけ、自信を持ってもらうことで、さまざまな分野で活躍できる風土づくりの推進につなげ、定住促進を図っていく考えだ。吉村美栄子知事が同日の記者会見で明らかにした。

 主な事例として、生活に密着したケースでは中心商店街を活性化するための事業や子育て支援活動、文化イベントの企画者、産業振興関連では地域新商品の開発や販路拡大、観光誘客活動に取り組んでいるグループ、また福祉施設への訪問活動や自然エネルギーの普及活動に貢献した人などを想定しているという。

 顕彰の対象者、団体は各市町村や一般県民から推薦してもらい、審査会で決める。年齢は18〜39歳。県内在住者か県内にある団体、県外で活動する本県出身者、県内に住む県外出身者などが対象となる。顕彰は年間10件程度を目安にする予定。

 吉村知事は「県内には地域活性化に取り組む若者が大勢いる。活動を盛んにするには若者と地域の絆を深めていくことが大切。県全体で顕彰したい」と説明した。

***********************************************
(抜粋おわり)


偶然にも私を推薦してくださる方がいて、推薦して頂きました。


県内に住む県外出身者という事で、たまたま受賞する事になったのか、その審査の過程については良く分かりませんが、第一回目の受賞者という事で、その知らせを聞いた時はびっくりしました。


11月10日に県庁で県知事より表彰を受ける事になっています。


あぁ〜今から緊張するなぁー。

受賞したからといって何がどうなるのか全く分かりませんが、
古民家をなんとか残さなければと、大工修行のため福島出身の一人の若造が全く知り合いもいないこの山形へ単身やってきて、ただ地道にやってきた事が認められたという事・・・それ自体がただそれだけで嬉しい。


今後、自分が動く事で古民家が残ればそれでいいし、
古民家の仕事があることで大工さんが働く場が作れればいい。
そして、若い大工さんを育てる機会が出来ればいい。
そしてその技術がずっと受け継ぐ手助けができればそれは本当に嬉しい。


当時、古民家の事が勉強したくて東京の神楽坂建築塾に通い顧問の平良先生の話を聞いてショックを受け、自分が大工になるのにはそれだけで十分な理由でした。


その時の模様はこちらに書いてあります。2000年に私が書いた文章
神楽坂建築塾 第2期 終了論文 「大工顛末記」
http://www.ayumi-g.com/past/ex01/jukuten/takagi.html



お金を儲けようとか、ブームだからとか、時代の流れとかそんな理由で古民家を始めたわけじゃない。


ただ、「かっこいい」と思った自分の心を素直に信じてやってきただけです。
誰かがやらなきゃと思って大工の修行を始めました。

その想いはやり始めた頃からずっと何にも変わっていません。


何が起きようと今までと同じ気持ちで進んでいくだけです。


だから皆さん、ただ心の中で良かったねって思ってやってください。

posted by 古民家ライフ at 02:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地味にやってきた結果だね。おめでとう。
Posted by きりうです at 2011年11月01日 23:09
すげぇ〜!

おめでとうございます。

高木さんがやってきたことが、公に認められたことで、私も便乗して嬉しくなってました。

286通った際は寄ってってくださいね〜!
Posted by 川崎の坂田 at 2011年11月09日 03:50
おめでとー。がんばってるねー。
Posted by みうら あ at 2011年11月13日 13:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/233026028
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。