2011年03月17日

東日本大震災に思うこと

今日の山形は雪が降っています。

朝早く除雪車が出るぐらい雪が降りました。

こんな時、被災地で夜を越している方々の事を思います。


前回のブログには書きましたが、母親が被災しました。
やっと連絡が取れ、3日目の午前中、孤立していた職場から脱出出来ました。

色々な方々から電話を頂きました。

仙台まで迎えに行き、山形へ連れてきました。
これで一安心と思ったら、今度は原発事故。
福島出身である私は福島に親戚がたくさんいます。

原発の恐怖に襲われながら、ガソリンもない状態で
命からがら親戚が山形へ避難してきました。

すぐにウィークリーマンションを探し、そこに住んでもらうことにしました。


私は避難をしているわけではないけれど、当事者と同じ気持ちで動いています。
ひどい震災にあわなかった私が出来る事をしています。


私は震災が起きてからすぐにガソリンを満タンにしました。

母親が救出されたらすぐに迎えに行けるように。
案の上、日常的にガソリン不足。

母親が救出されてすぐに仙台に向かいました。
仙台にいる親戚に必要なものを聞き出して、それを出来るだけ買い込んで。
もちろん携帯用ガスボンベも出来るだけもっていきました。

親戚には本当に喜んでもらいました。

母親は今、こうしてご飯があるだけでもありがたといってご飯を食べています。

昨日避難してきた福島の親戚も色々なところを転々としてきました。
「やっと今日から落ち着いて寝られるよ」と言われました。

夜には、宮城からYさんがやってきました。
救急隊員のYさんは米の買い出しを職場からたのまれ、山形へやってきたのでした。

すぐに米のあるスーパーを探して連れていきました。

「米が買える場所が分かるだけでもありがたいよ」
と言われました。

仙台の救急隊員の方の食料も不足しているそうなのです。
救急隊員の方が働けなければ、被災地でも救助もままなりません。


被災地の方のことを思いながら、当事者の気持ちで今自分が出来る事を精一杯やること。
自分の身近な人を安心させること。
出来るだけ日常を続けること。


私はそれが今、大切なことなのではないかと思います。

そうでなければ、本当に困った人がいた時に手助けが出来ないから。


毎日、隣の人にあいさつをすることだったり、
笑顔でいる事の方が今は本当に大切な事だったりすると思います。


被災地の事を思いながら私は出来るだけ日常をきちんとします。


では私はこれから外の雪かきをして、カミさんの車の雪を落としてきます。


posted by 古民家ライフ at 06:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 思ふ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
ブログ拝見させて頂きました。

被災地の方は本当に大変な思いをしていますが、
今、私達に出来ることを探して、
助け合って乗り越えて行きたいですね。

『笑顔』でいること…
つい忘れてしまいがちですが、大切なことですよね。
Posted by まつだ at 2011年03月18日 10:14
■まつだ さま

コメントありがとうございます。

大上段に構えなくても、
声高にボランティアですって言わなくても、
ほんの小さな事でもいいと思うことはやっていこうと思います。

Posted by たかぎ at 2011年03月18日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。