2010年02月16日

手造りの薪ストーブ

Iさんのお宅にお伺いしてきました。

Iとの出会いはとても衝撃的なものでした。
たまたまIさんが近所のお寺を工事しにいらっしゃっていた時のこと。

近所のお寺からは私の家が正面に見えます。

私の家をを見たIさんがこれは誰が作ったのだろう?
とご興味を持たれ家に訪ねてきて下さいました。

その時家には誰もいなかったので
近所の人にこの家の持ち主と造った人は誰なのかお聞きになったそうです。

それでさっそくメールを頂き、次の週にはご家族で見学にいらっしゃいました。

ものすごい行動力!!

それが昨年の夏のこと。

今度は私がIさんのお宅へ。

自分で建ててしまったというガレージへお招きいただきました。

まず目に飛び込んでくるのがこれ
2010.2.3 211.jpg

超大型ハーレー。

そしてそして自分で造ってしまったという薪ストーブ
2010.2.3 213.jpg

本当にこれ自分で作ったんですか?というぐらいの出来栄えです。
本当にカッコイイ!!

もともとはガスボンベ。

ガスボンベの空いたのを利用して作っています。

そして現在2号機作成中。

2010.2.3 212.jpg

これは改良に改良を加えている最中だそうです。
一号機よりも燃焼率UPと少し大きくして薪を入れやすくしたり、
灰を取り出しやすくしたり。

趣味もここまで行くとすごいです。

そして仕上げは「火炙りダイニング」。

2010.2.3 209.jpg

お酒も飲んでないのに心地よいBGMと火の力で真昼間から
どんどん、どんどん色々な話が飛び出してきてとどまることを知りません。

こだわっているところが、本当に似てます!!

今度はうちの薪ストーブの前でゆっくりお酒を飲みましょうね!!

Iさんご馳走様でした。


posted by 古民家ライフ at 18:58| Comment(1) | TrackBack(0) | いいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
薪ストーブ拝見しました
よい出来ですねー
 私も現在制作中です
 いきなりですが教えて頂きたことがあります 耐熱カラスをハメる枠とガラスの遊びはどのくらいとりましたか? 熱でわくが歪んだ時ガラスが割れてしまうのでないかと心配ています
ガラス繊維のパッキンも噛ませるつもりです
よろしくお願い致します
Posted by ネネ at 2012年11月01日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。