2010年01月15日

あったまりのお鍋

先日、したら農場の設楽さんのところへお伺いしてきました。

年も明け、一度じっくりお話をしようということになっていたので。


実は私、結構本を読みます。

時間さえあれば一日3冊ぐらいは平気で読みます。

いまさらながら読書の大切さが身にしみています。
本の中の言葉にどれだけ助けられたかわかりません。

その本を読んできたことによる蓄積が最近繋がり始めているのです。


設楽さんご夫婦とお話していると、
最近自分の周りで起きている事柄の意味がわかってしまう。

自分でなんとなくこうかな?と、思っていたこと。

それらに納得のいく、腑に落ちる答えが返ってくる。
本当にこれは楽しい事です。

一体どれだけの本を読んできたかは良くわからないけれど
それらが何だかオーバーフローしてるみたい。


それが設楽さん御夫婦と話していると実感できるのです。


そしておいしいお鍋とお酒があればもう一晩でもお話出来ちゃいます。

2010.2.3 145.jpg

奥様手作りの野菜のお鍋。
芯から温まります。

本当にご馳走さまでした。


posted by 古民家ライフ at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。