2009年06月09日

少しづつ

残工事として残っていた玄関ポーチの工事が始まりました。

この敷地は大きな石がごろごろとしているので
移動するのも一苦労です。

敷地の大きな石を集めてポーチに埋め込みました。

DSCF3091.JPG

左官屋さんは先日土壁でもお世話になった土田さんです。

予算の関係上、出来るところは限られてきますが
ほんの少しづつ、着実に家は手を加えられています。

DSCF3095.JPG

DSCF3096.JPG

ここは洗い出し仕上げにする予定です。

出来上がりが楽しみです。


先日、見学に来たお客さんに言われました。
「高木さんが一生造り続けると言った意味がわかりました」と。

それは本当にうれしい言葉でした。

以前、それは造園屋さんに言われたこと
実践していこうと常に思っているからです。


いっぺんに全部じゃなくてもいいんです。

住みながら、出来るところを少しづつやっていければ。

少しづつ出来上がっていくのが
本当に楽しみです。



posted by 古民家ライフ at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩波の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。