2008年06月25日

屋根がかかりました

岩波の家の屋根がかかりました。

DSCF1803.JPG

別の角度から

DSCF1801.JPG


屋根は家の表情を決める大きな要素だと思います。

今回は、ガルバリウム鋼板の素地の色にしました。


茅葺き職人の友人が言っていました。
屋根を葺いていると、男らしい人は男らしい屋根
繊細な人は繊細な曲線を描くそうです。


自分で建物を造っていて、
それが実際に形になってくると、
自分の美意識なり、理想なりが見えてきます。

もっともっといい物を見て、感じる。

あらゆる全ての物事が
家を造るということに通じている気がしてなりません。

DSCF1802.JPG



posted by 古民家ライフ at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩波の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。