2011年09月16日

古民家ライフ株式会社

平成23年8月1日をもちまして古民家ライフは
古民家ライフ株式会社となりました。

遅ればせながら今後とも末長いご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。



この震災の年に私は会社を法人化しました。

それも色々なご縁があっての事。



「最も大切なボランティアは自分自身が一生懸命に生きる事」  読書のすすめHPより


この震災の年に法人化する事の意味、
自分自身が会社を通してやるべき事。

震災以来、いろんな人の人生も背負う事になりました。

でも今は背負えるだけ背負おうとも思っています。


毎日毎日を真剣勝負して一生懸命に生きていく
そして毎日ぶっ倒れるまで働く。

そして税金を納める。



日本の東北の山形で出来るだけの事はやってみます。


古民家ライフ株式会社 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。








posted by 古民家ライフ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半年点検

嶋の家の半年点検に行ってきました。

もうあれから半年が経った。

P1040976.JPG

お引き渡しは3月14日。

3月12日13日は完成見学会。

つまり3月11日は最終的な検査と完成見学会の準備に追われていました。


震災後、何もないか家中を確認し、
停電になりラジオ代わりに付けたワンセグには波に浮かぶ車の映像が流れていました。



あれ以来、確かにいろいろあった。



その一方でこの半年の間に嶋の家の一員として新しい家族が増えました。

すっかりご家族に馴染んだ嶋の家はしっかりと赤ちゃんを守ってくれています。



安心して眠って、泣いて、笑って、ぐずって、喧嘩して、家に傷をつけて怒られて、大笑いして。
この家はそんな家族の日常を守る。

そしていつもそばにいてその家を守る。

本当に毎日色々あるけれど今、俺に出来るのはそんぐらい。
今も、きっとこれからも。


P1040975.JPG

P.S.打ち上げしましょうね。
posted by 古民家ライフ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

心縁寺 参道整備工事

正覚山 心縁寺(しょうかくさん しんえんじ)
心の縁の寺。

私はここで今仕事をさせて頂いています。

お寺様の名前の通り、心の縁を感じるお仕事です。

P1040206.JPG

約40m続くお寺の参道。

参道を整備して、塀をつくって欲しいとの依頼。
つまり設計、施工、他社の施工管理。


開山450年に向けての記念事業。
一介の若者にとってなんと責任の重いことか。



一体どんな塀にすれば良いのか?

思い悩む日々が続きました。


何度山形の寺町に足を運んだことか。
図書館に行って塀の本を探したことか。(塀の本てみつかりません)

でもある一枚の写真をもとにその形を手繰り寄せる事が出来ました。

打ち合わせに打ち合わせを重ねて一つの形に辿りつきました。


毎日が濃密に過ぎていきます。

実は6月から取りかかったこの工事。
ここにきてやっとその形が見えてきています。

現在進行中。


ですから、振り返る形で少しずつ写真を掲載していきます。

まずは積んでから数百年経っているだろうと思われる石垣を崩していきます。
中には良質な土が詰め込んでありました。

P1040219.JPG

今回はこの石を再生して新たな石垣をつくることにしました。

車が入るのに邪魔だった石垣も崩しました。

P1040214.JPG

以前ここには川がながれており、大規模な灌漑工事の末、今山形市内を流れる馬見ヶ崎川の位置に川の流れが変わった。

その石を使ったのではないかという。

大きな石がごろごろ出てきました。

機械も無い時代、どうやって運び、どうやって積んだのか。

今回余った石を分けて頂きました。

ある事に使うため。それはまだナイショ。

こうして始まった塀の工事。

次に続きます。


P.S.実はひそかにツイッターやってます。@kominkalife
  こちらはちょくちょくつぶやいてます。
posted by 古民家ライフ at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 心縁寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。