2011年03月26日

現実を直視するということ

今も、そしてこれからもずっとしていること。

冷静に現実を直視するということ。

自分を感情に入れずに出来る事を行うこと。

こうしてネットを冷静に見ながら判断をしている。
日常を坦々と送りながら。

今ほんとうに大切なことは


「子供たちに日本の未来を託すために出来る事をする」


という事に尽きるのではないかと思う。


命をつなぎ明るい未来にすること


そのために我々大人が出来る事は何か。


さまざまな情報がネット上を飛び交っている。
それは悲観的だったり、楽観的だったり。

その中で自分がどのような考え方を持ち
どのような行動をとるかが問われるのではないだろうか。

考えすぎだよと言われればそれまでかもしれないけれど、

過剰に反応する事もなく、それでいて決して楽観視するでもなく
いま、子供たちに未来を託すために出来る事をしなければならない。

そのために自分自身で判断をしなければならない。

日常を送りながら。


posted by 古民家ライフ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 思ふ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

東日本大震災に思うこと

今日の山形は雪が降っています。

朝早く除雪車が出るぐらい雪が降りました。

こんな時、被災地で夜を越している方々の事を思います。


前回のブログには書きましたが、母親が被災しました。
やっと連絡が取れ、3日目の午前中、孤立していた職場から脱出出来ました。

色々な方々から電話を頂きました。

仙台まで迎えに行き、山形へ連れてきました。
これで一安心と思ったら、今度は原発事故。
福島出身である私は福島に親戚がたくさんいます。

原発の恐怖に襲われながら、ガソリンもない状態で
命からがら親戚が山形へ避難してきました。

すぐにウィークリーマンションを探し、そこに住んでもらうことにしました。


私は避難をしているわけではないけれど、当事者と同じ気持ちで動いています。
ひどい震災にあわなかった私が出来る事をしています。


私は震災が起きてからすぐにガソリンを満タンにしました。

母親が救出されたらすぐに迎えに行けるように。
案の上、日常的にガソリン不足。

母親が救出されてすぐに仙台に向かいました。
仙台にいる親戚に必要なものを聞き出して、それを出来るだけ買い込んで。
もちろん携帯用ガスボンベも出来るだけもっていきました。

親戚には本当に喜んでもらいました。

母親は今、こうしてご飯があるだけでもありがたといってご飯を食べています。

昨日避難してきた福島の親戚も色々なところを転々としてきました。
「やっと今日から落ち着いて寝られるよ」と言われました。

夜には、宮城からYさんがやってきました。
救急隊員のYさんは米の買い出しを職場からたのまれ、山形へやってきたのでした。

すぐに米のあるスーパーを探して連れていきました。

「米が買える場所が分かるだけでもありがたいよ」
と言われました。

仙台の救急隊員の方の食料も不足しているそうなのです。
救急隊員の方が働けなければ、被災地でも救助もままなりません。


被災地の方のことを思いながら、当事者の気持ちで今自分が出来る事を精一杯やること。
自分の身近な人を安心させること。
出来るだけ日常を続けること。


私はそれが今、大切なことなのではないかと思います。

そうでなければ、本当に困った人がいた時に手助けが出来ないから。


毎日、隣の人にあいさつをすることだったり、
笑顔でいる事の方が今は本当に大切な事だったりすると思います。


被災地の事を思いながら私は出来るだけ日常をきちんとします。


では私はこれから外の雪かきをして、カミさんの車の雪を落としてきます。
posted by 古民家ライフ at 06:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 思ふ事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

東北地方太平洋沖地震

今もTVでは観測史上最大の地震の情報を流しています。

ここ山形でもつい先ほど電気が通りこうしてブログを書いています。

昨日は停電でしたが、一応ガスと水道が使うことができ、昨年末に入れた薪ストーブがあったので
暖もとる事が出来ました。

うちの母親は仙台の若林区にいるのですが、職場で地震にあいました。
そのまま津波にのまれ、職場に孤立しています。

親戚もいますし、私もそこにすんでいましたので、本当に他人事ではありません。


地震の直後に連絡が取れ、生存は確認しているのでちょっとは安心していますが
それから全く連絡が取れません。

本当にどうしてよいのかわかりません。


あの一瞬で何人もの命が奪われたのだと思うと本当に心が痛いです。
心よりご冥福をお祈りいたします。


こういった状況になった時に必要なもの。

普段便利だと思って使っているものが全く使えません。
普段ちょっと不便だなぁと思って使っているアナログのもの程役に立ちます。


とにかく一刻も早く、孤立している方々が普段の生活に戻れるように心から祈っています。



本日は申し訳ありませんでした。

完成見学会の開催をご連絡しておきながら、本日は中止させていただきました。

明日、明後日は告知通りに見学会を開催致したいとおもいます。

どうぞよろしくお願い致します。

完成見学会のお知らせ

日時  平成23年3月13(日)14日(月)
    時間 13日は9:30〜4:00まで
        14日は   9:30〜12:00まで  
12日.13日は天候次第で現場の切れはじ(西山杉)を利用した、割り箸作り講座を開催します。

場所は山形市田端

近くに「椛″笏装」さんという会社があります。

地図.jpg

当日わからない場合は高木までご連絡ください。

電話番号 023−625-8135 


追記:13日 朝5:36 母親と連絡が取れました。
   老人ホームで孤立しているものの元気にそのまま仕事をしているとの事でした。
   制限があり現場までは入れないそうです。

posted by 古民家ライフ at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

嶋の家 完成見学会のお知らせ

前回の構造見学会から時は流れて・・・
次の告知は完成見学会の告知となってしまいました。

本当に申し訳ありません。

先日足場が取れました。

P1030781.JPG

どおですか。

白の塗装と板壁のコントラストがとてもいい感じに仕上がりました。

ちなみに外の板壁はお施主さん自ら塗装しています。
その他内部の家具も。

ですから、なんだかとても温かい仕上がりです。


完成見学会のお知らせです。


丸太の製材から始まった「嶋の家」の計画、そして準備、設計。

この日を迎えるまでみんなで頭を突き合わせながら1年以上の月日が流れました。

私にとっても棟梁として手がけた初めての住宅となります。

すべてにこだわりぬいて建てた住宅を是非ご覧ください。


完成見学会のお知らせ

日時  平成23年3月12(土)13(日)14日(月)の3日間
    時間 12日・13日は9:30〜4:00まで
        14日は   9:30〜12:00まで  
12日.13日は天候次第で現場の切れはじ(西山杉)を利用した、割り箸作り講座を開催します。

場所は山形市田端

近くに「椛″笏装」さんという会社があります。

地図.jpg

当日わからない場合は高木までご連絡ください。

電話番号 023−625-8135 

お待ちしています。
posted by 古民家ライフ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 嶋の家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

どうしてこんなに毎日がアッというまなのか

毎日が本当にあっという間です。

おそらく本気で充実した日々をおくっています。

ブログでお話ししたいことがたーくさんあります。

ちょっとずつ振り返りながらブログの更新していきます。


一体お前はこの3カ月何をしていたのだい?

とよくぞ聞いてくれました。
(誰もきいていないって?)


そうです「嶋の家」にずっとかかりっきりでした。

ふときがついたらもう3月でした。

足場が取れた嶋の家。

次の記事にて紹介致します。



posted by 古民家ライフ at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。